社内撮影会と雷…

2013年4月26日 コメントはまだありません »

今日(2013年4月26日)は、ルシアンのある足利市は変な天気でした。朝は気持ちのいい、小春日和の晴れ。かと思ったら昼ぐらいから小雨が降り始めてきて、すぐに止んで晴天。これは気持ちのいい夕方になりそうだな~と思ったら15時くらいから大雨&雷…。なんか嫌ですね~~~。ルシアンのワンコたちも雷にはビビッていますw

いつもはカメラを嫌がって逃げるメルも、ちょっと緊張した面持ちで、甘えるように見つめてきます。大丈夫だよ~~。

今日、社内では、商品ページをもっと分かりやすくするため、商品の撮影会を行いました。どうでしょうか?自分たちで撮影した割にはなかなかイケてるでしょ!?ゴールデンウィーク明けから少しずつ、またウェブサイトを良くしてしきます。

ちなみにゴールデンウィーク中、ルシアンはカレンダーどおりの営業となります!お急ぎの際はメールかお電話で直接ご連絡ください!それでは!

ルシアン村、Birthday登録うれしい~~~

2013年4月12日 コメントはまだありません »

ルシアンでは、ルシアン村Birthday登録という企画を行っています。
ワンちゃん、猫ちゃんのお誕生日を登録していただくと、
お誕生日のプレゼントをお贈りさせていただく!というものです。

ふと隣の机を見てみると、丸ちゃんが何かをカキカキ…。

何を書いてたのかな~…と覗き見してみると…!

お誕生日のワンちゃんに対するお手紙でした!

実はこのイラストも、金丸の手描き!丸ちゃんお疲れ様~~。

お手紙の内容も、一枚一枚、すべて異なっています。「うそだーーー!」と思った方、丸ちゃん特製イラストがほしい、と思った方、今すぐBirthday登録だーー!

ルシアン、みんなで自炊の巻き

2013年4月12日 コメントはまだありません »

今日は、インターネットで取り寄せしたラーメンをみんなで調理…。

僕(古瀬)は一人写真を撮ったり自分の仕事をしたり…みんな、ラーメン作ってくれてどうもありがとう!(汗)

今回は4人でのランチなので、4種類のラーメンを注文。中華そば、カレーラーメン?、つけ面、塩ラーメンのバリエーション。

どの麺が細いとか太いとか、「きゃー、これチャーシュー入ってる!」とか「この塩ラーメン、鶏肉入ってるー!!」とか、主に女性陣が大騒ぎ(笑)手前で小手森が黙々と麺を茹でています(笑)

できあがり!僕はじゃんけんでの争奪戦に見事勝ち残り、一番食べたかった鶏塩ラーメンをゲット!写真だと伝わらないかもしれないけど、めっちゃおいしい!これはいいねぇ。ルシアンの所在地、栃木県足利市は、ラーメン屋さんのバリエーションがそんなに多くないので、通販は大助かりです。

ワンコも欲しそう…。

ドッグフード試食会を行いました(笑)

2013年4月11日 コメントはまだありません »

ルシアンに入ると、定期的にドッグフードを食べさせられます(マジです)。

ヤラーは人間の食べ物よりはるかに安全だし、問題ない。」

と強く思っていればこそ、です。

というわけで、今回の試食対象はこちら!ヤラーではありませんが…

左の薄い色が、知床地鶏のササミふりかけ、右の濃い色のほうが和牛モモ肉ふりかけです。どちらも無添加!

普通、ペット用のおやつとかふりかけを食べるって抵抗がありませんか?安くて酸化した廃油が使われているかもしれない…ペットの食い付きをよくするために味や香りを強める化学物質が添加されているかもしれない…数年腐らせないように強い防腐剤が添加されているかもしれない…

人間の食べ物は「食品」ですが、ペットの食べ物は、日本では雑貨扱い。法律も規制も、人間のそれとは全く違うんです!!

でも、ルシアンが扱う商品は、無添加、オーガニック認証など、本当に自分たちで信じられるものばかりです。ちなみに僕が生まれて初めて食べたドッグフードはヤラーのセンシティブでした(笑)ベジタリアンはやっぱり「野菜!」の味が結構あります。ドッグフードも、味に特色があるものだな~としみじみ…。今度ドッグフードのレビューしてみるのも面白いかもしれません(笑)

知床地鶏ササミふりかけに手を伸ばす寒沢さん…。

同じく知床地鶏ササミふりかけを食べ終えて、味わってる丸ちゃん(金丸)。

和牛モモ肉ふりかけを口の中でじっくり味わうこてっちゃん(小手森)。

期待ハズレなレビューになってしまいますが、やっぱりササミのほうがさっぱりしていて、和牛のほうが肉感が強いですね。どちらも、「肉をパサパサになるまで干してすりつぶしたら確かにこんな味だ!」という、当たり前の味でした(笑)

試食後、「和牛モモ肉ふりかけに焼肉の垂れをかけて、それをご飯に乗せて食べたらかなりおいしいんじゃないか…」という話し合いを始めた丸ちゃんとこてっちゃん…(笑)

ルシアン朝から大掃除

2013年4月10日 コメントはまだありません »

今日もいつも通り、8:50くらいに会社のドアを開け…

「おはようございまー…ぬ!?」

ルシアン初!会社のキッチンで洗われるピュア!
心なしか気持ち良さそうな顔をしているように見えます(笑)

会議室でドライヤーで小手森に乾かされるメル。
こちらはすでに綺麗に洗われていました。

どうしてこんなことになってしまったかというと…。

わんこ3匹が、夜のうちにう○ちを してしまったらしく、
う○ちの付いた足でそこらじゅうを歩き回り…(´_`。)
まさに朝から大惨事!いきなりの大掃除になってしまいました(TwT。)

ケージも綺麗さっぱり!丸洗いして、最後はアクアリブで消毒です!
それにしても、どうしてう○ちをしてしまったんだろう?
最近散歩の時間を変えたから体内時計がおかしくなっちゃったのか?
心配ですね~。しっかり観察していきたいと思います。

なんと!ヤラー社社長と部長さんが来てくださいました!

2013年4月10日 コメントはまだありません »

つい先日、オーガニックペットフードの、ヨーロッパにおけるリーディングカンパニーである、ヤラー社の社長(左:General Manager)と、営業部長(右から2番目)が、ルシアンに来てくださいました!本当に光栄なことで、スタッフ一同数日前からそわそわしていました(笑)
左から順に、ヤラー社社長Dirk Jan様、Lechien&partners社長の小林、株式会社イシイの小野さん、ヤラー社営業部長Richard様、株式会社イシイ北川様です。

スタッフ一同、ヤラー社の方に対する第一印象は

デカッ!!

でした(笑)

さすがオランダ!世界一平均身長が高いだけあるぜ!!
もはや日本での日常生活に困るくらいの高さです。
ルシアンの小林と、ヤラー社の方だと、ホビットと巨人族くらい違います。
圧巻です。でも優しかったです(笑)

打ち合わせ中は、英語が飛び交っていて、チンプンカンプンでした(汗)
ただそれ以上に、会議室の小さな丸椅子に対して、
ヤラー社の方々の体が大きすぎるのにハラハラしていました。

一体何の話をしていたのか、後で社長から教えてもらわないといけませんね…。

最後に、Lechien&partnersのスタッフと、
yarrah社の方々と一緒に写真をパチリ。
写真は左から、ルシアンのIT担当の小手森(とレイラ)、梱包や在庫管理担当の寒沢(とピュア)、お客様対応の金丸(とメル)です。金丸さん…なんでそんなにドヤ顔なの…。

それにしても本当に貴重な機会でした!次に訪日されるときにもルシアンに来ていただけるよう、スタッフ一同ますますがんばります!!

社名変更&スタッフ募集のお知らせ!

2013年4月4日 コメントはまだありません »

みなさんこんにちは、古瀬です!かなり、かなり久々のブログ更新となってしまいました(汗)前回のブログ更新から一年以上もあいてしまった…。

◆社名を変更いたしました!

突然ですが、株式会社フローリー・パッツは、株式会社Lechien & partnersに社名を変更いたしました。

社名変更のお知らせ

業務内容などが変わるわけではないのですが、これからますます、ヤラー、ペットフード、ペットの健康に注力するための心構えを、社名にこめました!読みにくいかもしれませんが、「ルシアン・アンド・パートナーズ」と読みます。ざっくり「ルシアン」と呼んでいただければうれしいです。今後ともよろしくお願いいたします。

◆スタッフも募集します!

ルシアンでは、業務拡大に付き、スタッフを募集することになりました!本格的な募集は5月~ウェブサイトで改めて告知させていただく予定です。正社員、パート、アルバイト、インターンシップ、どしどし募集中です。今回は、事務所の中をちょっとだけご紹介したいと思います。

ルシアンの事務所には、わんこが常に3人います。みんなとてもかわいいです。

チワワのピュア。人見知りでめっちゃびびり。でも内弁慶。甘え上手。ルシアンのブリーダー時代に、おなかが弱くて下痢ばかりしていたのでうちに残ることに。下痢が治らない~~~と悩んでいたところに、ハーブを試してみると、すっかり元気なお腹になりました。それ以来、一切下痢はしていません。ルシアンの消化器ハーブは、実はこうして誕生しました。

レイラ。気弱な女の子。散歩のときに足元にぴったり付いてくる姿がかわいらしいです。以前の飼い主さん(ブリーダーさんだったかな?)が酷い人だったらしく、ルシアンに来た当初はなかなか人のことを好きになれませんでした。今ではルシアンスタッフに毎日愛されて、だいぶトラウマも解消されてきたっぽい…。

あと一匹、ビションフリーゼの「メル」という、僕が一番好きなわんこがいるんですが、あまりにも活発すぎて、カメラを向けると全力で逃げるため、撮影できませんでした…。無念…。

ルシアンの事務所の自慢は、日当たり、採光、そして観葉植物の多さ!




こんな感じで、事務所のいたるところにグリーンと、かわいらしいポスターが。ペットに関する本も数十冊あって、勉強のための本は経費で買い放題(!)なので、動物の健康に関する勉強をしたい人にはもってこいです。洋書もありますし、健康分野の知識は応用できるということで、人間の免疫による癌治療やアトピー治療、皮膚トラブルに関する本など、たくさんあります。

スタッフの紹介などはまた今度…!では!!

ディナーとパテ缶のコンビネーション

2011年11月19日 コメントはまだありません »

今日はちょっと豪勢に、なんとパテ缶を夕ご飯に使ってみました。ドライフードはディナーを使用。

ディナーは玄米やとうもろこしも入っていて、見た目が鮮やか。綺麗です。そこに、パテ缶を投入します。パテ缶を缶詰から出すと、こんな感じ。良い香りがします。アルミトレーほどウェットではないです。

このパテ缶を、スプーンでサクサクとほぐして、ドライフードに投入します。

この間、ワンコたちは大興奮(笑)早く食べたくて仕方が無いようです。しかし、もう一手間…。そう!ドライフードをお湯でふやかさねばなりません。と言うわけで、続いてお湯を投入!お湯をかけて15分ほど待つと、しっかりとふやけて美味しそうになります。(うちのワンコはドライのままでは食べなくて、お湯をかけて食べるのが好きなようです。)

今回はちょっとお湯を入れすぎました(笑)パテ缶を入れた分、ドライフードが少なかったので、あまりお湯を吸収してくれなかったようです。でも、ワンコはペロリと食べてくれてよかった。お湯をかけるとドライフードから空気が抜けて胃捻転の心配も減るし、水分もしっかり摂れるしで二度おいしい!是非お試しくださいm(_ _)m

【図解】アトピーやアレルギーってどんなもの?

2011年10月10日 1件のコメント » ,

変わらず多いご質問が、やはり愛犬のアトピーやアレルギーです。
今回は、アトピーやアレルギーに関して、細かい事は省いてざっくりと図解でご説明します。

それではまず最初に、アレルギーがどのように起こっているのかをご説明します。

まず、アレルギー反応は、原因物質であるアレルゲンに触ったり、アレルゲンが体に入ったりすると起こります。最近多い「花粉症」も同じ原理です。アレルギー物質に対する免疫反応が、気管に起こると喘息になったり、肌に起こるとアトピーになったり、鼻などに起こると鼻炎、季節性のものを特に花粉症と呼んだりします。

■アレルギーの治療はどのように行われているか

もちろん全てではありませんが、多くのアレルギー治療は、下記のように行われています。

これを果たして「アレルギー治療」と呼んでいいものかどうか疑問符が付きますが、特にステロイドなんかはこういった治療方法の代表格です。ステロイドを使わないとすぐに死んでしまう!というような場合もあって、そういったケースではもちろんステロイドが必要ですが、長期化しやすいアトピーやアレルギーでステロイドを使うのは止めたほうがよいでしょう。

■こういった「対症療法」の困った点は?

ステロイドを処方されて、飲んだり塗ったりすると、たちまち発疹がおさまり、「あの先生は腕が良い!」という評判が立ったりします(笑)しかし現状は上図の通りで、治療は行われていないため、表面化していないだけで実は症状は慢性化しています。

すると、薬を止めたとたんに症状が出る、しかも薬のバリアを長期間続けていたせいで、本来持っているはずの免疫機能が低下していたり、体力が落ちていたりして、以前より悪い状態になってしまう。仕方ないから薬を与える。まさに薬漬けの生活が始まってしまうわけです。

■根治のためには「免疫反応の正常化」と「アレルゲンの特定と除外」

その1:免疫反応の正常化

日本でも、特に若年層を中心にアレルギー症状を持つ人はとても増えているそうです。花粉症なんて数十年前はほとんど聞かなかったのに、今では周りを見渡せば花粉症だらけですもんね。じゃあスギ花粉が人間にとってとんでもなく体に悪いかというと、そういうわけではありません。問題は、害のないスギ花粉を、害のある「異物だ!」と体が勘違いして、免疫反応が起こってしまうことにあります。
免疫反応を正常化するには、例えば冷水浴なんかが効果的だといわれています。他にも、規則正しい生活、食事、運動、睡眠が大切なのは言うまでもありません。ショック療法的なものもあるようですが、今回は割愛します。

その2:アレルゲンの特定と除外

犬を飼う人にとって、愛犬の健康上の一番の悩みはなんだと思いますか?正解は「皮膚トラブル」なんです。半数近いワンちゃんが何らかの皮膚トラブルを抱えているといわれています。これは実に人間の数十倍で、どうしてこんなにも犬と人間で差が出るんでしょうか?
私たちは、ドッグフードに着目し、長年の観察、研究の結果、やはりドッグフードが原因だろう、という結論にたどり着きました。人間の食物には使用不可で、枯葉剤の原料にも使われたBHTなどが保存料として使われているドッグフード…。5kg数百円で生産するために成長ホルモン剤漬け、抗生物質漬けにされた鶏を原料としているドッグフード…犬の食い付をよくするために酸化した廃油でコーティングされているドッグフード…なのにパッケージには「プレミアムフード」なんて書いてあるんですから笑うしかありません。

実は、アレルゲンを特定するのは非常に難しいんですね。特に人間の場合は難しい。食べてから数日後に発症するアレルギー反応(遅発性)もあって、数日間の食事の中から一つのアレルゲンを特定するのは難しいんです。しかし、ワンちゃんの場合は、飼い主さんの管理下でしか食事ができません。慢性化しているアレルギーは、かなりの確率でドッグフードが悪さをしている…と考えるべきではないでしょうか?

そうすると、アレルゲンを特定できなくても、アレルゲンを除外することができます。ドッグフードを選ぶときのポイントは下記を参考にしてみてください。

  • 製造過程だけでなく、原料も安心かどうか
  • その安心を第三者機関が保証してくれているかどうか

原料が安心かどうかというのを確認するのは難しい話ですが、非常に重要です。なぜなら、原料となる鶏に使われた成長ホルモンや抗生物質は、そのまま残留して、ドッグフードに残ってしまうと考えられるからです。ちなみにヤラーは、原材料にホルモン剤や抗生物質を使っていないのはもちろんのこと、原料となる鶏のエサまでオーガニック!オーガニック飼料と呼ばれているものを使用しています。
また、プレミアムドッグフード、スーパープレミアムドッグフードというのは、各社が勝手に自分で呼んでいるだけで、なんの規定もないものです。そのため、ヤラーのようにオランダのSkal、スウェーデンのKRAVからオーガニック認証を与えられているようなドッグフードだと安心です。(両者とも、日本のJASのような団体です。オーガニック文化の進んだヨーロッパにおいて、非常に歴史と権威のあるオーガニック認証団体です。)

アレルギー反応が起こったからといって安易に薬に頼るのではなく、長期的な視点で「治療」に重きを置いた選択をしていってください!ではまた!!